小学生家庭学習のポイント

小学生家庭学習のポイントは机に向かう事に慣れさせるというのが一番だと思います。保育園から上がり、初めて授業をして宿題を持って帰ってくると家では遊ぶことに慣れているため、スムーズに勉強するのが難しいかと思います。なので低学年の頃は家庭学習を習慣にするだけで十分です。これができるようになると、高学年で急に宿題が増えても、教科書の内容が難しくなっても一人で解ける力が養われているので躓くことはありません。反対に、低学年から机に向かって勉強する時間を作っていないと、いつまでたっても自分で問題を解く方法が分からないし、学習の仕方も分からないままです。1日、1問でも良いので教科書の問題を解いてみましょう。小学生のうちは教科書の問題さえ解ければ十分です。テストでもそこからしか出題されません。なので、数は少なくても毎日続けて行くことが大切です。

小学生家庭学習のさせ方

小学生は、人生の中でも最も落ち着きのない時期といっても過言ではありません。そんな中にありながらも、本格的に勉強というものに触れあうのもこの時期が初めてであり、親御さんからしたらどうやって家庭学習をさせればいいのかということは、命題と言えるでしょう。小学生家庭学習のさせ方については、目標管理をしっかりとさせてあげることが大切であります。有名なスポーツ選手の日記や卒業文集を見ていてもわかると思いますが、彼らはしっかりと目標設定をしています。反面、多くの小学生はくだらないことばかりを書いていて、実際大人になってもそれなりの成果しか生み出せないことが多々あると思います。目標管理に必要なツールは、定期的な成果チェックとご褒美です。テストを定期的に行ってあげて、成績がうまく上がったなら、欲しいものを買ってあげましょう。

小学生家庭学習の課題

小学生のお子さんを持っている人にはわかると思いますが、小学生家庭学習をさせるのは、非常に大変です。落ち着きがなく、また、学校での緊張感のようなものもないため、いつもに増して勉強へのモチベーションが下がってしまっているからです。わたし自身、小学生のころは家で勉強をしているよりも友達と出かけたり、ゲームをしている方がよほど幸せでしたから、その気持ちは十分に理解できます。しかし、しっかりと目標を持って努力することを、この時期に教えていかないと、将来苦労するというのは、実は誰もが感じている事実だと思います。例えば、中学校に入って落ちこぼれてしまったり、ときにはニートになってしまう人もいることでしょう。ですから、親御さんとしては努力をすることの大切さを教えてあげることが大切です。家庭学習はそのためのツールのひとつです。